歯科医で行う歯周病の診断法とは?

歯の病気に気をつけよう

患者自身の意識が重要

どうすれば治療できるのか

歯医者に任せているだけでは、歯周病は治せません。
重要なのは、自分でも努力することです。
そもそも歯周病荷なる原因は、口内環境が悪くて菌が繁殖することです。
口内環境を清潔にすれば、自然と悪い菌がいなくなります。
ですから、歯磨きを丁寧に行ってください。
歯医者から、正しい歯磨きの方法を教えてもらいましょう。

いつも、5分程度磨いて終わりにしていた人がいるでしょう。
しかしそれでは、菌の繁殖を抑えることはできません。
最低でも15分は、鏡を見ながら歯を1本ずつ丁寧に磨いてください。
鏡を見ることで、磨き残しがないかチェックできます。
テレビを見たり、スマートフォンを操作しながら磨くのもおすすめできません。
歯磨きに集中してください。

歯石を除去してもらおう

歯にこびりついた歯石は、歯磨きだけでは取り除くことはできません。
歯医者に行って、除去してもらってください。
専門的な機材を使って、寧に歯石を除去してもらえば歯周病を改善できます。
歯石を放っておくと、歯周病以外にも様々な病気を引き起こします。
定期的に歯医者に行くことで、歯石がずっと蓄積されることを防げます。

歯周病の治療は、虫歯の治療に比べて長い時間が掛かると言われています。
しかし途中で治療を勝手にやめると、歯の状態がどんどん悪くなります。
仕事が忙しくても、何とか時間を確保して歯医者に行ってください。
初期状態なら、治療期間を短くすることができます。
ですから自覚症状に早く気づいて、治療を開始してください。

▲ ページトップへ戻る